家庭と看護師の

家庭のある看護師のワークライフバランスを考える

 家庭と看護の両立というのは、本当に大変なことでしょう。 実際に両立している人も少なからずいますが、やはり家庭のことが疎かになってしまう という理由から仕事を止める人もまた少なくないようです。

 看護師というのは普通の仕事よりも過酷な労働であり、勤務時間も不規則になりがちですから、 家族のサポートは必要だと言えるでしょう。また、3交替ではなく2交替で働けるようにする、 休日を必ずもらえるというところにも着目した方がいいと思います。

 3交替だと、どうしても夜勤が回ってしまう可能性がありますから2交替で夜勤をせずに 働けるところを探した方が無難です。また、どれほど待遇の良いところでもあまりに 自宅と病院の距離があり過ぎるのも、やがては辛くなるでしょうから、 出来るだけ近いところというのも両立させる為の条件となるかもしれません。

 また、子供が幼い場合、保育園から急な呼び出しがあるかもしれません。 そういう時の対応も働き先の条件となるでしょう。看護師は過酷な勤務なので、 まだまだ看護師が我慢しているというところが多いと思いますから、 これから改善していかなければ看護師の数はどんどん減ってしまうかもしれませんね。 あとは、職場の理解がどれだけ得られるかというところでしょう。