看護師足の解消

病院に潜在看護師を呼び込もう

 慢性的な看護師不足の解消というのは、日本の抱える重大な問題だと言えるかもしれません。 看護師だけではなく医師も不足していて、不足するから1人にかかって来る負担が大きくなる。 大きくなるから辛くなる。その為に止める人が増えて、更に残された人の負担は増えるという 悪循環状態であるというのはテレビでもよくやっているので、ご存知の方も多いかもしれません。 医療従事者の過度な労働は医療ミスにもつながるので、医療とは無縁の世界に生きている人にも 関係ないこととは言えません。

 その為、現在では医療現場経験者で離職している人の復帰に力を入れている地域や病院が多いです。 一度離職した人間にとって、戻るにあたり不安な要素の1つは知識や技術でついていけるどうかということ。

 ですから、復職セミナーなどを実施している病院もたくさんあります。 また、経験者専用の採用試験を儲けているところもあるので、復職しようと考えている人にとっては かなり良い環境と言えなくもないでしょう。

 経験があり、現在働いていない人のことを潜在看護師と呼ぶのですが、噂では全国で55万人もいるらしいです。 全員は無理ですが、少しでも潜在看護師が戻ってくれれば日本の医療不足解消の一端になるのかもしれません。